うつ病薬を通販購入しても法律的にOK?

うつ病薬を通販購入しても法律的にOK?

脳の神経細胞に異常が起きて起こるうつ病には、軽症のうちはまだ薬を使わずに様子を見ていきますが、日常生活に支障をきたすような中等度や重度のうつ病になるとうつ病薬が必要になります。

うつ病には神経細胞の間で情報を伝える神経伝達物質の働きを高める働きのある薬を用います。

神経物質にはセロトニンやノンアドレナリン、ドーパミンなどがありそれらがバランスよく働くことで脳の機能を健全に保つことができるのですが、疲れやストレスなど何らかの原因でこれらの物質が少なくなることでうつ病を発症してしまいます。

うつ病薬は5つのタイプに分類されます。1つ目は選択的セロトニン再取り込み阻害薬の「SSRI」です。シグナル伝達などの神経活動に関わる部位とその構造である「シプナス」においてセロトニンの再吸収に作用します。

2つ目はセロトニンと及びノンアドレナリンの再取り込み阻害薬の「SNRI」です。シプナスにおいてセロトニンとノンアドレナリンの再吸収を阻害しこれらの濃度を高める働きがあります。

3つ目はノンアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬の「NaSSA」です。ミルタザピンという新薬でノンアドレナリンの量を増やしたりセロトニンの働きに関わり脳内の抗うつ効果を高める薬です。

4つ目は三環系抗うつ薬です。初期の抗うつ薬でノンアドレナリン、セロトニンン度の神経物質に関わる神経細胞受容体に働いて、ノンアドレナリンやセロトニンを受容して増やす働きがあります。5つ目は四環系抗うつ薬でSSRIやSNRIよりも即効性がある薬です。

うつ病薬にはこのような種類の薬が治療に用いられ神経物質の量を増やしてうつの症状を改善していくのですが、吐き気や下痢、不眠、尿閉、口の渇き、眠気などの副作用が出る可能性もあります。

またSSRIは医師の処方で服用していても勝手にやめると離脱症状という強い症状が現れる可能性もあります。

このようなことからうつ病薬は医師の診断を受けて処方されたものを指示通りに服用するのですが、医薬品を専門とする通販でも購入できるものもあるのです。

通販なら処方箋がなくても購入できるのですが、日本国内で処方されているうつ病薬を処方箋なしで購入することは法律違反でできませんが、通販サイトの場合は海外の薬を調達しているので法律に違反することがないのです。

通販の医師の診断によって処方されるものよりも安く購入するので手軽に入手をすることができるというメリットがありますが、用量や用法を守らないと危険なことになる可能性もあるので手軽に入手できるとはいえ、注意が気を守ることが重要です。