デパスが通販で買えなくなった理由とは?

デパスが通販で買えなくなった理由とは?

デパスは日本では抗不安薬や睡眠導入剤などで利用されました。主成分はエチゾラムという成分であり、ベンゾジアゼピン系のものと同様の作用を示します。

効果が高く薬が抜けるのも早いという性質があるため、短時間に効果を実感したいという人に適しています。逆に、入眠についてはできるものの途中で目が醒めてしまうタイプの不眠症には向かないです。

かつては通販サイトで簡単に購入できていたデパスですが、現在ではそちらでは購入できなくなっており目につくことができなくなっています。

デパスがどうして通販で購入できなくなったのかを気にする人は多いです。その理由は、この薬を乱用することによって身体によくない影響を与えてしまう懸念が考えられることにあります。

この薬は、2016年の秋になって向精神薬に指定されるようになったため海外の医薬品を専門とする個人輸入代行業者のサイトでも利用することはもうできません。

デパスが販売中止になったときには、愛用していた数多くの人が一時途方に暮れてしまったといわれています。知名度的にもこの薬は世界的に広く知られており、通販での取扱いが不可となる直前には数多くの愛用者が殺到しました。

そして、現在でも違法と知っていても市場に出回っている品を手に入れる人が後を絶ちません。

この薬が効くメカニズムに関しては、脳のうち大脳辺縁系及び視床下部に作用することによって不安や緊張などを取り除いて睡眠作用や筋緊張緩解作用をサポートします。

ただ、あまり使いすぎると筋弛緩作用と呼ばれる副作用があるため繰り返しの投与には特に適さないことを覚えておく必要があるでしょう。

デパスそのものは、比較的副作用の少ない睡眠薬としては知られています。ただふらつき・眠気・倦怠感・脱力感などといった症状がみられるため飲んだあとの高所作業や車の運転は控えるようにしましょう。

さらには依存症の懸念があり、あまり服用しすぎると薬物中毒になってしまう可能性も考えられます。アルコールとの併用は神経抑制作用とエタノールによる酩酊作用を強めてしまうことになるため禁止されていることも覚えておきましょう。

この薬を手に入れることができる方法は、現在はクリニックや病院の医師から処方してもらう手段のみです。医師の指導のもとで服用することによって安全性が保たれますので、覚えておくようにしましょう。

今はこの薬の代わりとなる睡眠薬などが出てくるようになったため、一時の混乱は落ち着いてきています。