うつ病薬を通販で買って法律的に大丈夫?

うつ病薬を通販で買って法律的に大丈夫?

うつ病薬は一般に市販されているものではありませんが、個人輸入という形で通販で入手することはできます。 このような入手の仕方は法律的に問題ないのかと思ってしまいますが、販売を目的とせずあくまでも個人で使用をすることに限っては認められているので現状では法律的に問題はありません。もちろん、日本で所持が認められている薬に限りますから、禁止されている薬であれば非合法となってしまうので、その点は注意が必要となります。

デパスの代わりになるうつ病薬通販サイトはどこがある?

デパスの成分ってどんな成分?

デパスの成分ってどんな成分?

デパスはチエノトリアゾロジアゼピン系に属する抗不安薬、睡眠導入剤で、デパスの有効成分はエチゾラムです。エチゾラムは日本で開発され、ベンゾジアゼピン系と同様の作用を持つ成分です。エチゾラムは常温常圧では固体の物質で、光に対して不安定な性質を持っており、光に当たると徐々に分解することが知られています。デパスにはその他添加物として乳糖水和物やセルロース、トウモロコシデンプン、タルクや白糖、マクロゴール6000、酸化チタンやヒプロメロース、カルナウバロウなどが配合されています。

デパスはいつまで通販で購入できた?

デパスはいつまで通販で購入できた?

デパスとは、抗不安薬として非常に有名な薬であり、常に最多の処方数を誇っていました。デパスに含まれるエチゾラムが向精神薬に指定されたことによって、通販で購入することができなくなったのです。向精神薬に指定されたこといよって、服用するためには医師の処方が必要になり、個人で輸入したり購入することができなくなっています。病院で医師に診察を受ければデパスの処方をしてもらうことができるので、医師に処方してもらう必要があります。

デパスの代わりが購入できる通販はくすりぴあ

何故デパスは通販で購入できなくなった?

何故デパスは通販で購入できなくなった?

デパスは、精神安定剤のベンゾジアゼピン系に分類される薬の1種です。その効果の高さと使いやすさから特に「睡眠薬」としての愛用者が非常に多い薬として知られています。一方、日本における「精神安定剤」に対する負のイメージから、その入手経路は通販で個人輸入するのが主流でした。ただし、2016年9月デパスを含む3つの医薬品が第3種向精神薬に追加されることになり、個人輸入で購入することが禁止された点には注意が必要です。今後デパスの服用を希望される方は病院で処方してもらいましょう。

デパスの代わりになる薬で有名な薬は?

デパスの代わりになる薬で有名な薬は?

デパスの代わりになる有名なお薬はバスパーです。バスパーはジェネリックのお薬でブスピロンを有効成分としています。不安や緊張を抑える効果があり、海外では一般的な使用頻度の高い抗不安薬です。睡眠障害にも適しているので、不安や緊張で眠れない人にも効き目があります。2016年に個人輸入が禁止になってしまったデパスの代替品として一般的になりつつあるお薬です。水またはぬるま湯で、一回2〜3錠一日2回服用します。

バスパージェネリック・バスパーが通販できるサイト一覧はこちら